2014年2月
私、松岡潤は、パートナーの先生方のお許しを得て、
長年お世話になった北浜法律事務所・外国法共同事業を退職し、
ここ中之島に新たな法律事務所を開設致しました。
 
関西でも有数の規模を誇る法律事務所で積ませて頂いたキャリアは、
 私の誇りであり、何ものにも代えがたい財産です。
 では何故、独立という道を選んだのか。 
それは事務所の名前でもある「中之島」に込められています。

 中之島と言えば、大阪でも有数のビジネス街。 
それも近年、目覚ましい成長を遂げている経済の中心地でもあります。 
これまで私が主に取り扱ってきた案件は、 
事業再生、労働問題などといった企業法務全般に加えて、
各種示談交渉、訴訟対応等の一般民事案件です。
 その中で、数多くの経営者の方々にもお会いしてきました。 

日本を支える中小企業の経営者。
しかし、優れた営業力や商品、サービスを有していても
その方々だけでは解決できないことがありました。 
いわゆる法律の問題。 

経営者は孤独です。 
ただでさえ人に相談できないことも多いうえ、
 特に法律関係の場合は、何かことが起こってからしか相談できないものです。
 もっと早くに相談して頂けていればと悔しい思いをしたことも
一度や二度ではありません。 

そこで私は自らの経験を、 
もっと企業経営に活かしたいと考え、独立を決心致しました。 
法律に関することなら普段から何でも相談して頂けるパートナーとして。
 気持ちの面でのアクセスも気軽な法律事務所でありたいと思っております。